会計ソフトを使うメリットって何?

手書きの煩わしさから解放される!

経理業務を手書きで行う場合、仕訳の記帳や元帳への転記、算出などたくさんの手間がかかります。会計ソフトを導入すれば、仕訳を入力するだけで済むので、経理業務に費やす時間を大幅に削減できます。
また、元帳への転記や勘定科目ごとの金額を算出してくれるだけでなく、月次試算表をすぐに作成することもできます。そのため、自社の経営状態を早く知りたいと思った時などにとても便利です。
会計事務所で記帳代行を依頼すれば、高い正確性と安心感が得られます。しかし、早く財産状況を把握したい場合やコストを削減したい場合などには、会計ソフトが役立つのではないでしょうか。経理業務に割く時間も減るので、浮いた時間で他の業務をこなすなど仕事の効率を上げることもできます。

会計ソフトの種類はさまざま!自社に最適なものを選ぼう

一口に会計ソフトといっても種類はたくさんあり、会社の規模や使いやすなどを考慮して最適なものを選ぶことが大切です。
会計ソフトの種類を大きく2つに分けると、インストール型とクラウド型があります。インストール型はソフトの数が多く、値段も比較的安価です。家電量販店で販売されていたり、ネットで購入してダウンロードするものもあります。
以前はインストール型が主流でしたが、近頃はクラウド型のシェアが拡大しつつあります。クラウド型のメリットは、自社の銀行データやクレジットカードを登録すれば、取引の内容を自動で取得してくれるところです。会計ソフトが自動で仕訳をおこなってくれるので、さらに記帳の手間を省くことができます。