気付かないと大事!会計ソフトの注意点とは?

勘定科目の設定はある程度自由

会計における基礎的な学問として簿記があります。商工会議所などが行う公的な資格もあり、知識を身に着けるために学ぶ人も多いです。この時に出てくるのが勘定科目です。現金や売上、売掛金等初めての人にはさっぱりの専門用語が出てきます。経理関係、会計関係では当たり前の知識になるのでしっかり理解しておく必要があります。今は多くの会社は経理処理に会計システムを導入しています。仕訳は人が入力するケースが多いですが、転記などはシステムが行ってくれます。この時、勘定科目の設定はある程度は自由に設定できます。ただ、あまり特殊であったり、細かく分けすぎると処理が大変になります。正確な記帳ができるのを前提に決めていく必要があります。

法改正に対応しやすいかどうか

経理的な処理をする目的として、会計書類の作成があります。その会計書類の使い道として、内部資料として使う場合と、外部に報告や申請をするためがあります。内部資料のためなら自由に作成できます。しかし外部に報告、申請するときは一定のルールを守る必要があります。外部に出すケースとしては、株主への報告、税務申告があります。それぞれ別の法律に基づいて作成する必要があり、特に税法は毎年のように変わります。会計システムを導入するとき、法改正に対応しやすいかどうかがあります。安いタイプだと、買っただけでサポートはないものもあります。サポート付きの場合は、法改正にもきちんと対応してもらえます。少し高くても、法改正対応タイプの方が使いやすいでしょう。